医療法人設立[神戸・大阪]行政書士による医療法人設立代行・顧問契約

お問い合わせ・ご依頼は・・・TEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

専属薬剤師設置免除許可申請

専属薬剤師設置免除許可申請

医師が常時3名以上勤務する場合には、専属の薬剤師を設置しなければなりません。
医師が常時3名以上になると同時に専属の薬剤師を設置するか、3名以上になる前に専属薬剤師免除の許可を得るか、どちらかの手続きが必要です。

調剤数が少ないなど、専属の薬剤師が不要な場合には、専属薬剤師設置の免除を受けることができます。

専属の薬剤師設置の免除を受けるためには、必ず事前に管轄の保健所にて専属薬剤師設置免除許可申請を行い、許可を得なければなりません。

専属薬剤師設置免除許可の審査過程・内容につきましては、保健所によりかなり異なります。
簡単な場合と、かなり細かい資料等の提出を求められる場合と、管轄の保健所によって相当違いがございます。


医師常時3名以上とは

医師が常時3名以上勤務するとは、文言上は下記の場合が該当します。
しかし、実際の必要性の有無は保健所の判断になりますので、医師が3名(常勤・非常勤問わず)勤務する場合には、管轄の保健所で見解を聞いておくことをお勧めいたします。


例1)診療所標榜日時 月〜金 9:00〜12:00,13:00〜18:00
常勤医師2名 非常勤医師1名(月水金)

この場合、月水金は医師が3名ですが、火木は2名です。
常時3名以上には該当しませんので、基本的には専属薬剤師は不要であると考えられます。


例2)診療所標榜日時 月〜金 9:00〜12:00,13:00〜18:00
常勤医師2名 非常勤医師3名(月水金1名、月木1名、水金1名)

この場合、火曜日以外は3名以上ですが、火曜日のみ2名となります。「常時3名以上」には該当しないため、不要になると思われますが、保健所の見解は、どちらかと言えば「常勤換算して3名以上」と考えるところが多いように感じます。

例2を常勤換算しますと、3.4になります。この常勤換算3名以上により専属薬剤師の設置が必要になることがございますので、注意が必要です。


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル10F


Tel.078-414-8385
Fax.078-414-8386
携帯 090-9988-1317

営業日:月曜日〜金曜日
営業時間:10:00〜18:00
休日・時間外:対応可能

地図