本文へスキップ

医療法人設立[神戸・大阪]行政書士による医療法人設立代行

顧問契約NEWS&FAQ

顧問契約のメリット

いつでも気軽に相談できます。
いつでもお電話、メール等にてご相談が可能となります。経営者のみではなく、従業員からの直接のお問い合わせにも対応しております。

コストの削減ができます。
専門の部署を設けるよりも、アウトソーシングしていただくことにより、大幅なコストダウンができます。一度きりの手続きに、日数をかけて調べたりといった時間的なロスも無くすことができます。

コンプライアンスの遵守に役立ちます。
医療機関として備えて置かなければならない書類の整備や、各種議事録の作成のサポートをいたします。後回しになりがちな書類の整備を充実させることができます。社員総会や理事会への参加にも対応しております。

本業に専念できます。
面倒な手続きや書類の作成を当事務所にお任せいただくことで、本来の業務に専念していただけます。これは、経営者のみならず従業員も同じで、日ごろの疑義や新事業に関する調査等を当事務所にお任せいただければ、従業員の負担も軽減できます。その分、本業でのミスも減らすことが可能です。

リスクの軽減ができます。
行政書士は予防法務の専門家といわれており、いかに紛争を解決するかではなく、いかに紛争を回避できるかという視点を持っております。何か行動する前にご相談いただくことで、リスクの回避や軽減が可能となります。

顧問割引により費用の削減ができます。
顧問契約中は、ご依頼いただく個別業務につきましては、顧問料に応じた割引率を適用させていただきますので、スポット業務としてご依頼いただくよりも報酬額をお安くいたします。
医療法人を設立するためには、さまざまな手続きがございます。
 

法務コンサルタント

診療所
医師・看護師・事務員の増員、診療日・診療時間の変更、診療科の変更、麻薬・向精神薬の免許取得更新、医師の勤務形態変更、基本診療料・特掲診療料の届出、電子カルテ等のシステム変更など、保健所、市役所・県庁、厚生局へのさまざまな書類が必要となります。
これらの書類は、すべて当事務所にて手続きいたします。

医療法人
上記各手続きの他、医療法人独自の手続きが必要となります。
毎年決算届及び資産の変更の登記、2年ごとに役員の変更届及び理事長の変更登記(重任の場合でも必要)、社員総会議事録、理事会議事録、定款変更、分院など、すべて当事務所にて手続きいたします。

その他、行政との打ち合わせや折衝などの役所の対応、社員総会・理事会への参加、契約書の作成・チェック、医療法人・診療所のコンプライアンス等の相談など、当事務所にお任せください