本文へスキップ

医療法人設立[神戸・大阪]行政書士による医療法人設立代行

医療法人NEWS&FAQ

医療法人設立

医療法人設立の流れ
医療法人を設立するためには、さまざまな手続きがございます。

設立スケジュール
各自治体により異なりますが、スケジュールが決まっております。兵庫県の場合は、概ね5月と9月の年2回となっております。スケジュールが決まっている地域では、それに沿った計画を立てる必要があり、1日でも遅れると開院が半年遅れてしまうことになります。

設立総会
医療法人を設立するには、設立総会を開催して医療法人の各事項を決定し、議事録を作成します。

定款(医療法人社団)
定款は、ほとんどの都道府県で雛形が用意されているものと思います。
雛形の変更は必要最小限にしましょう。都道府県によりましては、変更する理由の提示を求められます。

定款(医療法人財団)
社団と同様です。

資産要件
医療機関を開設するには、そのための土地・建物、運営資金、医療機器などが必要になります。安定した運営ができるように、一定の要件がございます。

人的要件
医療法人を設立するためには、理事の人数や資格要件などが定められています。

運営機関
定款変更や役員変更、その他医療機関の変更などを決定する機関がございます。

必要書類
医療法人を設立するには、医療法人設立認可申請書に添付書類を付して認可申請を行います。

医療法人設立登記・医療法人の業務範囲
医療法人設立が認可されると認可書が発行され、その認可書到着から2週間以内に登記申請を行います。
医療法人は、その事業目的は法律で規制されており、法律で定められた事業のみ行うことができます。

一人医師医療法人
理事3名のうち、1名が医師あるいは歯科医師による法人のことをいいます。

特定医療法人
特定医療法人とは、租税特別措置法に基づく財団又は持分の定めのない社団の医療法人で、その事業が医療の普及及び向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与し、かつ、公的に運営されていることにつき国税庁長官の承認を受けたものをいいます。

特別医療法人
法改正により、平成19年4月1日以降、新たに特別医療法人になることはできませんが、既存の特別医療法人については、改正法附則により平成24年3月31日まで存続可能。
 

医療法人運営上の手続き

分院
新たに診療所を開設する場合は、定款を変更する必要がございます。定款の変更は都道府県(広域医療法人は厚生局)の認可を受けなければなりません。
それぞれ審査期間がございますので、開院日にあわせて計画を立てる必要がございます
保険医療機関指定申請には注意を払う必要がございます。この提出期限を間違うと大変なことになってしまいます。

役員変更
医療法人の役員は通常、任期が2年となっておりますので、必ず任期満了ごとに役員の改選を行わなければなりません。
都道府県(厚生局)への役員変更届の他、役員の変更登記を行う必要がございます。

決算届
毎年、都道府県(厚生局)に決算届を提出しなければなりません。
提出書類(診療所の場合)
 決算届
 事業報告書
 貸借対照表
 損益計算書
 監査報告書
決算届の他、登記申請も必要になります。

その他、さまざまな手続きがございます。

顧問契約にて、トータルにサポートいたします。