医療法人設立[神戸・大阪]行政書士による医療法人設立代行・顧問契約

お問い合わせ・ご依頼は・・・TEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

医療法人Q&A

土地・建物を現物出資しようかと考えていますが

医療法人は、業務に必要な資産を有しなければならないとされており、診療所の土地や建物も必要となります。
厚生労働省の通知で、「医療法人の土地、建物などは法人が所有するものであることが望ましい」とされていたことから、不動産を現物出資するケースがございます。

しかし、現在の拠出金制度の医療法人では、解散時、拠出金の範囲でのみ返還され、残余財産は全て国などに帰属します。つまり、国の財産になってしまうおそれがございます。

また、法人の事業目的が法律上制限されておりますので、再度不動産を売却するということが容易にできません。

余程の理由がない限りは、不動産の現物出資はすべきではないと言えます。

現物出資する場合は、メリット・デメリットをよく勘案して決定してください。


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル10F


Tel.078-414-8385
Fax.078-414-8386
携帯 090-9988-1317

営業日:月曜日〜金曜日
営業時間:10:00〜18:00
休日・時間外:対応可能

地図